本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『新版 裁判官が日本を滅ぼす』門田隆将(ワック)

『新版 裁判官が日本を滅ぼす』門田隆将(ワック)新書

未読

新版2013年
406頁




目次

小野悦男を解き放った無罪病裁判長の責任
「痴漢はあったのか、なかったのか」-同じ証拠で逆の結論
犯人が消えてなくなった仰天判決
裁判上の真実は「本当の真実」とは無関係
医師も絶句する「医療裁判」の呆れた実態
元検事も激怒した金融裁判のデタラメ
無期懲役の殺人犯がなぜまた無期懲役なのか
遺族を怒鳴り上げる傲慢裁判長
法廷で不正を奨励するエリート裁判官
少年法の守護神となったコンピューター裁判官
障害者をリンチで殺した少年は「感受性豊か」
“言論取締官”と化した非常識裁判官たち
「縁論の自由」を政治家に売り渡した最高裁
裁判官教育の失敗と教訓
いとも簡単に「書籍の廃棄」を命じる裁判官

[関連]
『裁判官が日本を滅ぼす』門田隆将(2005・新潮文庫)
amazon

『裁判官が日本を滅ぼす』門田隆将(2003・新潮社)単行本
amazon

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする