本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『死の淵を見た男』門田隆将(角川文庫)

『死の淵を見た男―吉田昌郎と福島第一原発』門田隆将(角川文庫)

未読

2016年
516頁




目次

激震
大津波の襲来
緊迫の訓示
突入
避難する地元民
緊迫のテレビ会議
現地対策本部
「俺が行く」
われを忘れた官邸
やって来た自衛隊〔ほか〕

本書は、『死の淵を見た男―吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日』を加筆・修正し、改題した文庫版。

[関連]
『死の淵を見た男―吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日』門田隆将(2012・PHP研究所)単行本

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする