本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『虹の向こうの未希へ』遠藤美恵子(文藝春秋)

『虹の向こうの未希へ』遠藤美恵子(文藝春秋)

未読

2014年
222頁




目次

序章 命の呼びかけ
第1章 手がかりを探して
第2章 見られなかった花嫁姿
第3章 「最期の声」を聞きたい
第4章 防災対策庁舎の解体
第5章 未希からの手紙
第6章 あなたの名前を叫びたい
終章 亡き娘と共に生きる

東日本大震災時の津波におそわれた南三陸町で、避難を呼びかけ続け亡くなった町職員・遠藤未希。享年24。
本書は、彼女の母親の手記。

[参考]
「東日本大震災の記録」防災庁舎 遠藤未希さんの悲劇

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする