本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

収録作品一覧『日本の名随筆』30 宙(作品社)

『日本の名随筆』(全100巻、別巻全100巻)(作品社)
B6判・函入り

明治以降の各界著名人による随筆を巻ごとにテーマを設けて編集した随筆集のシリーズ。

『日本の名随筆 30 宙』梅原猛編

1985年3月
262頁

宮沢賢治  有明 [巻頭詩] 寺田寅彦  宇宙線
萩原朔太郎 月の詩情
大佛次郎  星の会う夜
花田清輝  月のいろいろ
藤井旭   南十字と天の南極――グリーンランド
日下実男  天の川の秘密
前川光   太陽系の原物質を探る
都築卓司  ブラックホール
小尾信彌  宇宙の開闢
埴谷雄高  宇宙について
星新一   古い月、新しい月
筒井康隆  地球
横尾忠則  星からの視線
栗田勇   巨鳥の翼
岩田慶治  宇宙的なものの象徴
原田大六  イザナミ・イザナキ二神の正体(雷雲)
澁澤龍彦  宇宙卵について(抄)
野尻抱影  卍と北斗七星
藤繩謙三  宇宙の生成
草下英明  建礼門院右京大夫の見た星空
稲垣足穂  『花月』及び『天鼓』に見る宇宙的郷愁
石田五郎  昼は夜の残り
梅原猛   修羅の世界を越えて――(宮沢賢治)(抄)
中村元   空と「空」

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする