本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『青春の夢と遊び』河合隼雄(岩波現代文庫)

『青春の夢と遊び〈子どもとファンタジー〉コレクション6』河合隼雄、河合俊雄編(岩波現代文庫)シリーズ全6冊

未読

2014年
256頁




目次

第1章 青春とは何か(青年期/春の訪れ/心の構造/現代の青春像)
第2章 青春の現実(現実の多層性/体制のアンビバレンス/身体性/青春の倫理)
第3章 青春の夢(ロマン主義/夢と現実/夢を生きる)/第4章 青春の遊び(遊びの意義/遊びと宗教性/遊びと教育/遊びの成就)
第5章 青春の別離(卒業/永遠の少年/裏切り/ボーダーレスの青春)

『青春の夢と遊び』河合隼雄(1994・岩波書店)の岩波現代文庫版。
講談社+α文庫版には、吉本ばななとの対談「夢の向こう側」が収録されている。

[関連]
『青春の夢と遊び』河合隼雄(1994・岩波書店)単行本
amazon

『青春の夢と遊び―内なる青春の構造』河合隼雄(1998・講談社+α文庫)320頁
amazon

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする