本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『大人になることのむずかしさ』河合隼雄(岩波現代文庫)

『大人になることのむずかしさ〈子どもとファンタジー〉コレクション5』河合隼雄、河合俊雄編(岩波現代文庫)シリーズ全6冊

未読

2014年
224頁




目次

第1章 青年期のつまずき(家出する高校生/不可解な子ども/両親の反省/つまずきの意味)
第2章 大人になること(対人恐怖の大学生/イニシエーション/現代のイニシエーション/死と再生)
第3章 こころとからだ(異性との交り/からだの拒否/己を超えるもの)
第4章 人とのつながり(孤独と連帯/日本人として/家と社会/援助者の役割)
第5章 大人と子ども(大人とは何か/創造する人/個性の発見)
補論 母性社会日本の“永遠の少年”たち

[関連]
『大人になることのむずかしさ(子どもと教育を考える2)』河合隼雄(1983・岩波書店)単行本
amazon1amazon2

『大人になることのむずかしさ―青年期の問題』河合隼雄(新装版1996・岩波書店)単行本
amazon

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする