本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『臨床家 河合隼雄』(岩波現代文庫)

『臨床家 河合隼雄』谷川俊太郎・河合俊雄編(岩波現代文庫)

未読

2018年
304頁




目次

序論(臨床家・河合隼雄)/記録(家を背負うということー無気力の裏に潜むもの)/河合隼雄の分析(臨床家 河合隼雄ー私の受けた分析経験から/分析体験での箱庭/河合隼雄という臨床家/スーパーヴィジョンの体験から)/河合隼雄という体験(対談 河合さんというひと/物語を生きる人間と「生と死」/河合先生との対話/私の「河合隼雄」/河合隼雄との三度の再会)/インタビュー ユング派河合隼雄の源流を遡る(J・M・シュピーゲルマン/河合俊雄(聞き手))

[関連]
『臨床家 河合隼雄』谷川俊太郎・河合俊雄編(岩波書店)単行本
amazon

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする