本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『昔話と現代』河合隼雄(岩波現代文庫)

『昔話と現代〈物語と日本人の心〉コレクション5』河合隼雄、河合俊雄編(岩波現代文庫)シリーズ全6冊

未読

2017年
240頁




目次

1 グリムの昔話における「殺害」について
2 片側人間の悲劇ー昔話にみる現代人の課題
3 日本人の美意識ー日本の昔話から
4 日本昔話の中の他界
5 『風土記』と昔話
6 日本昔話の心理学的解明ー「蛇婿入り」と「蛇女房」を中心に
7 猫、その深層世界ー昔話のなかの猫
8 昔話の残酷性について
9 夢と昔話
10 境界体験を物語る―村上春樹『海辺のカフカ』を読む

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする