本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『神話と日本人の心』河合隼雄(岩波現代文庫)

『神話と日本人の心〈物語と日本人の心〉コレクション3』河合隼雄、河合俊雄編(岩波現代文庫)シリーズ全6冊

未読

2016年
400頁




目次

日の女神の輝く国
世界のはじまり
国生みの親
冥界探訪
三貴子の誕生
アマテラスとスサノヲ
大女神の受難
スサノヲの多面性
オオクニヌシの国造り
国譲り
国の広がり
均衡とゆりもどし
日本神話の構造と課題

[関連]
『神話と日本人の心』河合隼雄(2003・岩波書店)単行本

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする