本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『源氏物語と日本人 紫マンダラ』河合隼雄(岩波現代文庫)

『源氏物語と日本人 紫マンダラ〈物語と日本人の心〉コレクション1』河合隼雄、河合俊雄編(岩波現代文庫)シリーズ全6冊

未読

2016年
336頁




目次

第1章 人が「物語る」心理(玉虫色の光源氏/「物語」がつくりだされるとき/「いかに生きるか」という視点から)/第2章 「女性の物語」の深層(母権社会の男と女/母権から父権に変わるとき/自我クライシス/いまを生きるために不可欠なもの)
第3章 内なる分身(「内向の人」紫式部/「母なるもの」/妻を生きる/「娼」の位置)
第4章 光の衰芒(外から内へ、光源氏の変貌/「娘」とのかかわり/「密通」が生じるとき/深化するマンダラのダイナミズム)
第5章 「個」として生きる(男と女の新しいあり方/「ゲニウス・ロキ」をもつ場所/死に至る受動性/「死と再生」の体験)

本書の元の本は『紫マンダラ』河合隼雄(2000・小学館)。

[関連]
『紫マンダラ―源氏物語の構図』河合隼雄(2000・小学館)単行本
amazon

『源氏物語と日本人 紫マンダラ』河合隼雄(2003・講談社+α文庫)

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする