本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『歴史小説の罠』福井雄三(総和社)

『歴史小説の罠』福井雄三(総和社)

未読

2013年
280頁




目次

第1章 村上春樹と司馬史観
第2章 旅順攻防と乃木希典
第3章 司馬史観と東京裁判史観
第4章 ノモンハン事件の真実
第5章 司馬史観を受け継いだ半藤史観
第6章 作品でたどる司馬史観の萌芽と形成
第7章 『故郷忘じがたく候』の虚構
エピローグ 『永遠の0』で見えた日本の可能性
付録 特別対談ー司馬史観に象徴される戦後精神史(×東谷暁)

[参考]
GHQ焚書図書開封 第192回 乃木将軍と旅順攻略戦~司馬遼太郎を批判する1

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする