本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『憲法九条、いまこそ旬』井上ひさし・梅原猛ほか(岩波ブックレット)

『憲法九条、いまこそ旬』井上ひさし・梅原猛・大江健三郎・奥平康弘・小田実・加藤周一・澤地久枝(沢地久枝)・鶴見俊輔・三木睦子(岩波ブックレット)

未読

2004年
61頁




目次

憲法は優越する(井上ひさし)
平和憲法の精神を崩してはいけない(梅原猛)
「希求する」という言葉(大江健三郎)
なぜ九条の会か(奥平康弘)
根本原理としての憲法九条(小田実)
改憲論をどう考えるか(加藤周一)
絶望するには早すぎる(澤地久枝)
私は殺した、だが、殺すことはよくない(鶴見俊輔)
一人でも多く(三木睦子)

筆者は「九条の会」の呼びかけ人たち。

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする