本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『ぼくらの死生観―英霊の渇く島に問う』青山繁晴(ワニブックスPLUS新書)

『ぼくらの死生観―英霊の渇く島に問う 新書版 死ぬ理由、生きる理由』青山繁晴(ワニブックスPLUS新書)

未読

2018年
387頁




目次

第1部 船が天から降ってきた
第2部 蒼天のデッキ
第3部 飛行機では行けない島々へ
第4部 一緒に考え始めましょう―硫黄島クルーズ連続講演 第1回
第5部 再会
第6部 わがちいさき声よ、島に届け―硫黄島クルーズ・にっぽん丸船内放送
第7部 ニッポンの変化―硫黄島クルーズ連続講演 第2回
第8部 腕のなかで少女に戻る―硫黄島クルーズ連続講演 第3回
第9部 別れではなく

本書は、『死ぬ理由、生きる理由』の新書版。新原稿「この書が新書として再生する朝は、こころの晴れ間です」(95ページ)を加筆。また、新たな写真を掲載した「硫黄島再訪、再々訪、再々々訪」を収録。

[関連]
『死ぬ理由、生きる理由―英霊の渇く島に問う』青山繁晴(2014・ワニブックス)単行本

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする