本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『本当は戦争で感謝された日本』井上和彦(PHP文庫)

『本当は戦争で感謝された日本』井上和彦(PHP文庫)

未読

2018年
256頁




目次

「独立アジア」への電撃戦に喝采を送った人々―マレーシア
敵の武勇を称えた日本軍人の武士道―シンガポール
真心ある協力で勝ち取った独立―インド
同盟国として共に戦った「微笑みの国」―タイ
苛烈な独立戦争を支えた日本軍人とその「遺伝子」―ベトナム
帰還せず、独立のために戦った男達―インドネシア
敵が怖気づいた不撓不屈の敢闘精神―サイパン
米戦艦を撃破!守備隊と義勇兵の敢闘―テニアン
リゾートアイランドのもう一つの顔―グアム
島民を守った日本軍人への感謝は朽ちず―ペリリュー〔ほか〕

本書は、『ありがとう日本軍』井上和彦、を改題し文庫化したもの。

[関連]
『ありがとう日本軍―アジアのために勇敢に戦ったサムライたち』井上和彦(2015・PHP研究所)単行本(ソフトカバー)

(Kindle Unlimited0円)

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする