本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『新 歴史の真実』前野徹(講談社+α文庫)

『新 歴史の真実―混迷する世界の救世主ニッポン』前野徹(講談社+α文庫)

未読

2005年
368頁




目次

プロローグ 坂本龍馬、高杉晋作も眠る靖国神社
第1章 戦後史に隠された真実
第2章 日本を骨抜きにした指導者たち
第3章 白人「略奪」「強姦」「虐殺」の記録
第4章 日本が侵略を免れた数多くの理由
第5章 大東亜戦争の隠された真相
第6章 アインシュタインの予言
第7章 抹殺された輝かしき歴史
第8章 第五の国難

本書は、『戦後 歴史の真実』前野徹、の続篇『新 歴史の真実―祖国ニッポンに、誇りと愛情を』の文庫版。

[関連]
『新 歴史の真実―祖国ニッポンに、誇りと愛情を』前野徹(2003・経済界)
amazon

『戦後 歴史の真実』前野徹(扶桑社文庫)

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする