本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『戦後 歴史の真実』前野徹(扶桑社文庫)

『戦後 歴史の真実―わが愛する孫たちへ伝えたい』前野徹(扶桑社文庫)

未読

2002年
343頁




目次

第1章 五十年前に今日の日本の混迷を予言したインド人
第2章 「大東亜戦争」は、自存、自衛のための戦争だった
第3章 広島「原爆」で生き残った「最後の経営者」、血涙の告白
第4章 「マッカーサー憲法」を大事にしてきたニッポンの悲喜劇
第5章 日本人のよき伝統と精神を破壊した「戦後教育」
第6章 「保守」と「革新」を誤報し続けた戦後、マスコミ文化界の大罪
第7章 戦後「国会」をハイジャック、憲法違反を続けた「官僚勢力」
第8章 二十一世紀の日本、どこへ行く

[関連]
『戦後 歴史の真実―わが愛する孫たちへ伝えたい』前野徹(2000・経済界)単行本
amazon

『新 歴史の真実』前野徹(講談社+α文庫)

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする