本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『日本人がつくる世界史』日下公人・宮脇淳子(KADOKAWA)

『日本人がつくる世界史』日下公人・宮脇淳子(KADOKAWA)

未読

2015年
240頁




目次

第1章 「偏った世界史」にいかに日本人は騙されてきたのか
第2章 「間違いだらけの世界史」と自信を持てなさすぎた日本人
第3章 フランス革命、マルクス主義とは何か?クリミア問題とは何か!?
第4章 真実を知ることによって世界に誇れる日本が見えてくる
第5章 「真の学問」とは何なのか?崩壊していく日本の大学と教科書
第6章 特別ゲスト対談・一六四八年にできたウェストファリア体制で世界はようやく日本の『古事記』時代に追いついた
終章 新しい世界史はどのようにつくるべきか?その方法論と完成形について

本書は、日下公人×宮脇淳子の新シリーズ対談『日本人がつくる世界史』を元に書籍化したもの。
倉山満との対談も収録。

[関連]
日下公人×宮脇淳子の新シリーズ対談『日本人がつくる世界史』
日本人がつくる世界史 検索ニコニコ動画

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする