本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『残念すぎる朝鮮1300年史』宮脇淳子・倉山満(祥伝社新書)

『残念すぎる朝鮮1300年史』宮脇淳子・倉山満(祥伝社新書)

未読

2018年
348頁




目次

序章 日本人は朝鮮を知らない
1章 大陸のおまけだった新羅・高麗
2章 聞きしに勝る弱国だった李氏朝鮮
3章 世界の動向を読めない李氏朝鮮
4章 つくられた「日帝強占」の歴史
5章 主体がない二つの国

本書は、『真実の朝鮮史[663-1868]』と『真実の朝鮮史[1868-2014]』を1冊に編集し、大幅に修正・加筆をしたもの。

[関連]
『真実の朝鮮史[663-1868]』宮脇淳子・倉山満(2014・ビジネス社)

『真実の朝鮮史[1868-2014]』宮脇淳子・倉山満(2014・ビジネス社)

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする