本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『300枚のユニークな広告が語るこんなに明るかった朝鮮支配』

『300枚のユニークな広告が語るこんなに明るかった朝鮮支配』但馬オサム(ビジネス社)

未読

2018年
151頁




目次(収録作品)

第1章 「消費」が拡大し広告があふれた時代(「くすり広告」に見る伝統とモダニズム/朝鮮人の味覚を変えた「味の素」 ほか)
第2章 民族を背負った「男」たち(大空を目指した半島の「ヒコーキ野郎」たち/コリア・ドリーム、「京城デパート」物語 ほか)
第3章 「女性」が輝く併合時代(世界を虜にした半島の「舞姫」崔承喜/朝鮮楽劇団と「チョゴリ・シスターズ」-オーケーレコードの世界 ほか)
第4章 半島の「夜」(あの「四十八手」も、ムフフな広告/「妓生」のいる風景 ほか)

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする