本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『分断されるアメリカ』サミュエル・ハンチントン(集英社文庫)

『分断されるアメリカ』サミュエル・ハンチントン、鈴木主税訳(集英社文庫)

2017年
589頁




目次

第1部 アイデンティティの問題(ナショナル・アイデンティティの危機/アイデンティティーナショナルおよびその他の)/2部 アメリカのアイデンティティ(アメリカのアイデンティティの構成要素/アングロープロテスタントの文化/信仰とキリスト教/ナショナリズムの台頭、勝利、衰退)
第3部 アメリカのアイデンティティに危機(アメリカの解体ー高まるサブナショナル・アイデンティティ/同化ー転向者、かけもち組、そして市民権の衰退/メキシコ移民とヒスパニック化/アメリカを世界と一体化させる)
第4部 アメリカのアイデンティティ再生(新旧の断層線(フォルトライン)/二十一世紀のアメリカー弱み、宗教、そしてナショナル・アイデンティティ)

『Who Are We: The Challenges to America’s National Identity』Samuel P. Huntington(2004)の翻訳。

[関連]
『分断されるアメリカ―ナショナル・アイデンティティの危機』サミュエル・ハンチントン、鈴木主税訳(2004・集英社)単行本
amazon

『Who Are We: The Challenges to America’s National Identity』Samuel P. Huntington
amazon

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする