本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『中国人に対する「労働鎖国」のすすめ』西尾幹二(飛鳥新社)

『中国人に対する「労働鎖国」のすすめ』西尾幹二(飛鳥新社)

2013年
328頁




目次(収録作品)

第1部 中国人に対する「労働鎖国」のすすめ(二〇一三年)(日本文化が壊れる/中国人とはどういう民族か/東京が「中国の首都」にならないために!)
第2部 「労働鎖国」のすすめ(一九八九年)(労働者受け入れはヒューマニズムにならない/世界は「鎖国」に向かっている/知識人の「国際化コンプレックス」の愚かさ/日本は二十五億のアジアに呑み込まれる恐れがある/「労働鎖国」で日本を守れ!)

本書は、下記の書に第1部を新たに加筆し出版したもの。

[関連]
『「労働鎖国」のすすめ―外国人労働者が日本を滅ぼす』西尾幹二(1989・光文社)
amazon

『「労働鎖国」のすすめ』西尾幹二(1992・PHP文庫)
文庫 amazonamazon Kindle版

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする