本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『はざまの哲学』野家啓一(青土社)

『はざまの哲学』野家啓一(青土社)

未読

2018年
342頁




目次(収録作品)

1 未知と既知のはざまー哲学のために(哲学とは何かー科学と哲学のはざまで/哲学のアイデンティティ・クライシス)2 科学と哲学のはざまー科学哲学(「真理」の構成的側面ープラトニズムとニヒリズムのはざまで/マッハ科学論の現代的位相ー実証主義と反実証主義のはざまで ほか)
3 言語と哲学のはざまー現象学と分析哲学(フッサール現象学と理性の臨界ー近代と脱近代のはざまで/言語の限界と理性の限界ー分析哲学からポスト分析哲学へ ほか)
4 科学と社会のはざまー科学技術社会論(「情報内存在」としての人間ー知識と情報のはざまで/科学技術との共生ー技術主義と精神主義のはざまで)
5 記憶と忘却のはざまー東北の地から(東北の地からー震災と復興のはざまで/「今を生きる」ということー記憶と忘却のはざまで)

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする