本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『神々の沈黙』ジュリアン・ジェインズ(紀伊國屋書店)

『神々の沈黙―意識の誕生と文明の興亡』ジュリアン・ジェインズ、柴田裕之訳(紀伊國屋書店)

未読

2005年
637頁




目次

第1部 人間の心(意識についての意識/意識/『イーリアス』の心 ほか)
第2部 歴史の証言(神、墓、偶像/文字を持つ「二分心」の神政政治/意識のもと ほか)
第3部 「二分心」の名残り(失われた権威を求めて/預言者と憑依/詩と音楽 ほか)

『The Origin of Consciousness in the Breakdown of the Bicameral Mind』(1976)の翻訳。

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする