本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『歌うネアンデルタール』スティーヴン・ミズン(早川書房)

『歌うネアンデルタール―音楽と言語から見るヒトの進化』スティーヴン・ミズン、熊谷淳子訳(早川書房)

未読

2006年
492頁




目次

音楽の謎ー音楽進化史の必要性
第1部 現在(チーズケーキ以上?-音楽と言語の類似点と相違点/言語なき音楽ー大脳、失語症、音楽サヴァン/音楽なき言語ー後天性・先天性の失音楽/音楽と言語のモジュール性ー脳内における音楽処理/乳幼児への話しかけ、歌いかけー脳の成熟、言語学習、絶対音感 ほか)

第2部 過去(うなり声、咆哮、身振りーサル、類人猿のコミュニケーション/サバンナに響く歌ー「Hmmmm」コミュニケーションの起源/リズムに乗るー二足歩行と踊りの進化/模倣する性質ー自然界についてのコミュニケーション/セックスのための歌ー音楽は性選択の産物か ほか)

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする