本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『宇治拾遺物語 全訳注』高橋貢・増古和子(講談社学術文庫)

『宇治拾遺物語 全訳注』(上下)高橋貢・増古和子(講談社学術文庫)






上巻

2018年
848頁

104話を収録。古本系統「伊達本」を底本として現代語訳、語釈、解説を付す。


下巻

2018年
880頁

古本系統「伊達本」を底本として94話を全訳・解説。

[関連]
『新編日本古典文学全集50 宇治拾遺物語』小林保治・増古和子訳(1996・小学館)(三段組。全197話。頭注・原文・現代語訳)
amazon楽天ブックス

『宇治拾遺物語』(新潮日本古典集成)大島建彦校注(1985・新潮社)(全197話。)
amazon楽天ブックス

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする