本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『東京裁判 幻の弁護側資料』小堀桂一郎編(ちくま学芸文庫)

『東京裁判 幻の弁護側資料:却下された日本の弁明』小堀桂一郎編(ちくま学芸文庫)

未読

2011年
572頁




目次

第1部 弁護側反証段階の総論(清瀬一郎弁護人 冒頭陳述(総論A)/高柳賢三弁護人 冒頭陳述(総論B)/ローガン弁護人 冒頭陳述)
第2部 弁護側反証の一般及び個別段階(徳富猪一郎 宣誓供述書/ワーレン弁護人、岡本(敏)弁護人 冒頭陳述「満洲部門」/米アボツト記者の満洲視察記 ほか)
第3部 弁護側最終弁論及び付録(ローガン弁護人 最終弁論・自衛戦論「日本は挑発挑戦され自衛に起つた」/米国上院軍事外交合同委員会に於けるマッカーサー証言)

『東京裁判却下未提出弁護側資料』のうち、重要な十八篇を抜粋し編集した本。

[関連]
『東京裁判 日本の弁明』小堀桂一郎編(1995・講談社学術文庫)(※たぶん、同一内容)
amazon

『東京裁判却下未提出弁護側資料』(全8巻(第1期全4巻+第2期全4巻))(1995・国書刊行会)
amazon1
amazon2
(※アマゾンのページにある「新品/中古品の出品を見る」や「中古品の出品」等のリンクから詳細を確認してください。商品ページのものと実際に販売している版などが異なる場合があるので注意。)

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする