本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『創造的進化』アンリ・ベルクソン(ちくま学芸文庫)

『創造的進化』アンリ・ベルクソン、合田正人訳(ちくま学芸文庫)

未読

2010年
518頁




目次

第1章 生命進化についてー機械論と合目的性
第2章 生命進化の分岐する諸方向ー麻痺、知性、本能
第3章 生命の意義についてー自然の秩序と知性の形式
第4章 思考の映画的メカニズムと機械論の錯覚ー諸体系の歴史についての手短な考察、実在的な生成と疑似進化論主義

『L’evolution créatrice』Henri-Louis Bergson(1907)の翻訳。

[関連]
『新訳ベルクソン全集4 創造的進化』アンリ・ベルクソン、竹内信夫訳(2013・白水社)
amazon楽天ブックス

『創造的進化』アンリ・ベルクソン、真方敬道訳(1979・岩波文庫)
amazon

『ベルグソン全集4 創造的進化』ベルクソン、松浪信三郎・高橋允昭訳(2001・白水社)
amazon

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする