本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『心の仕組み』スティーブン・ピンカー(ちくま学芸文庫)

『心の仕組み』(上下)スティーブン・ピンカー、椋田直子訳、 山下篤子訳(ちくま学芸文庫)






上巻(椋田直子訳)

2013年
607頁

目次

第1章 心の構造ー情報処理と自然淘汰(ロボットをつくるための課題/精神活動を逆行分析する ほか)
第2章 思考機械ー心を実感するために(宇宙のどこかに知的生命体はいないのか/自然演算 ほか)
第3章 脳の進化ーわれら石器時代人(賢くなる/生命の設計者 ほか)
第4章 心の目ー網膜映像を心的記述に転じる(ディープ・アイ/光、影、形 ほか)


下巻(山下篤子訳)

2013年
532頁

目次

第5章 推論ー人は世界をどのように理解するか(生態学的知能/カテゴリー化 ほか)
第6章 情動ー遺伝子の複製を増やすために(普遍的な情熱/感じる機械 ほか)
第7章 家族の価値ー人間関係の生得的動機(親類縁者/親と子 ほか)
第8章 人生の意味ー非適応的な副産物(芸術とエンタテインメント/何がそんなにおかしいのか? ほか)

『How the Mind Works』Steven Arthur Pinker(1997)の翻訳。『心の仕組み―人間関係にどう関わるか』(上中下)(2003・NHKブックス)のちくま文庫版。

[関連]
『心の仕組み―人間関係にどう関わるか』(上)スティーブン・ピンカー、椋田直子訳(2003・NHKブックス)
amazon

『心の仕組み―人間関係にどう関わるか』(中)スティーブン・ピンカー、椋田直子・山下篤子訳(2003・NHKブックス)
amazon

『心の仕組み―人間関係にどう関わるか』(下)スティーブン・ピンカー、山下篤子訳(2003・NHKブックス)
amazon

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする