本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『風土の日本』オギュスタン・ベルク(ちくま学芸文庫)

『風土の日本―自然と文化の通態』オギュスタン・ベルク、篠田勝英訳(ちくま学芸文庫)

1992年
428頁




目次

出発点ーあいまいな場所、ある日曜日
1 基本要素の生気(気象/山水/草木)
2 風土の理(野生の自然、構築された自然)
3 現実の構築(自然の現われ出る裂け目/住まう/景化する/もうひとつの自然、もうひとつの存在)
帰還

[関連]
『風土の日本―自然と文化の通態』オギュスタン・ベルク、篠田勝英訳(1988・筑摩書房)
amazon

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする