本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『中世の窓から』阿部謹也(ちくま学芸文庫)

『中世の窓から』阿部謹也(あべ・きんや)(ちくま学芸文庫)

2017年
377頁




目次

第1章 聖と俗の間ー中世都市(市民の暮らし/貨幣の役割/つきあいの形)
第2章 職人絵の世界(一二人兄弟の館/靴職人の世界/衣服のタブー/石と鉄ー呪術的世界)
第3章 人と人を結ぶもの(仮面の祭り/飛脚/子供の遊び)
第4章 原点への旅(十一世紀の大転換/贈物で結ばれた世界/女性と異端/時代のはざまでーユダヤ人)
第5章 ふたたび町へ(聖性の喪失/音で結ばれた世界)

[関連]
『中世の窓から』阿部謹也(1981・朝日新聞社出版局)
amazon

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする