本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『漢文の素養』加藤徹(光文社新書)

『漢文の素養―誰が日本文化をつくったのか?』加藤徹(かとう・とおる)(光文社新書)

2006年2月20日初版発行
240頁




著者は、中国文学研究者。

「漢文の素養」という視点を軸として日本史、日本文化を論じた本。
古代、中世、近世、近代と順を追って説く構成。

筆者は、本書を漢文が読めるようになる、また、漢文の鑑賞力がつくような内容のものだとおもって手に取った。
が、上述のようにそのようなものではない。

文章は、とても平明で読みやすい。
歴史上のエピソード等も興味深くかつ勉強になる。
(歴史に詳しい人は知っていることばかりかもしれないが)

なかなかおすすめの一冊。

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする