本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

「忘れえぬ人々」国木田独歩

約26枚(400字)

名短篇だというので読む。

旅館に宿泊した無名の青年小説家が、その宿泊客の無名の青年画家と出会い酒を酌み交わすことになる。
小説家は、画家にいま今自分が書いている『忘れえぬ人々』という作品を物語る、という筋。

まあまあ。
所々調子のよい文章があったが、作品に特別よさは感じなかった。
メタフィクションになっているが、それもとくに活きてはいない。

青空文庫

えあ草紙(縦書き)

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする