本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

「愛撫」梶井基次郎

約9枚(400字)

猫について空想をめぐらせたごく短いエッセーのような作品。

猫を傷つける空想がある。それらにユーモアを感じられれば、なかなかおもしろい作品。
残酷性を感じるなら嫌な気持ちになる作品だろう。

青空文庫

えあ草紙(縦書き)

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする