本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

「牡蠣」(かき)アントン・チェーホフ

約13枚(400字)

名短篇だというので読む。

物乞いに身を落とす男とその息子の一出来事を描いた話。
牡蠣を知らない少年が未知のそれに想像を膨らませるところは、なかなかよかったが、作品としては、いまひとつだった。

青空文庫

えあ草紙(縦書き)

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする