本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

「入れ札」菊池寛

約29枚(400字)

代官を斬きり殺して逃げ落ちる国定忠次が、その途中で子分らと別れる場面を描いた短篇。
よい短篇小説だと聞いたので読んだが、いまいち。

青空文庫

えあ草紙(縦書き)

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする