本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『民話の世界』松谷みよ子(講談社学術文庫)

『民話の世界』松谷みよ子(講談社学術文庫)

未読

2014年
240頁




目次

第一部 民話との出会い―山を越えて
1 民話との出会い
2 狐の地図
3 祖先という言葉
4 水との闘い
5 食っちゃあ寝の小太郎のこと
6 信州が昔、海であったこと
7 なぜ民話というのか
8 「小泉小太郎」から「龍の子太郎」へ

第二部 民話の魅力
1 象徴的に語ることについて
2 貧乏神のこと
3 ある夫婦愛について―爺と婆の
4 赤神と黒神
5 その人にとってのたった一つの話
6 妖怪と人間たち

第三部 ふたたび山を越えて―私もあなたも語り手であること
1 民衆が語ればすべて民話なのか
2 桃太郎と金太郎と
3 再話について
4 民話が移り変わっていくこと
5 現代の民話について
6 わらべ唄について
7 ふたたび山を越えていくことについて

あとがき
再版によせて
学術文庫版によせて
文献・資料について

[関連]
『民話の世界』松谷みよ子(2005・PHP研究所)単行本
amazon

『民話の世界』松谷みよ子(1974・講談社現代新書)
amazon

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする