本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『ひとはなぜ戦争をするのか』アインシュタイン、フロイト(講談社学術文庫)

『ひとはなぜ戦争をするのか』アルバート・アインシュタイン、ジグムント・フロイト、浅見昇吾訳(講談社学術文庫)

未読

2016年
120頁




目次

フロイトへの手紙 A・アインシュタイン
アインシュタインへの手紙 S・フロイト

解説1 ヒトと戦争 養老孟司
解説2 私たちの「文化」が戦争を抑止する 斎藤環

1932年、国際連盟がアインシュタインに依頼した。「今の文明においてもっとも大事だと思われる事柄を、いちばん意見を交換したい相手と書簡を交わしてください。」選んだ相手はフロイト、テーマは「戦争」だった――。宇宙と心、二つの闇に理を見出した二人が、戦争と平和、そして人間の本性について真摯に語り合う。

出典:講談社BOOK俱楽部


[関連]
『ひとはなぜ戦争をするのか?―アインシュタインとフロイトの往復書簡』アルバート・アインシュタイン、ジグムント・フロイト、浅見昇吾訳(2000・花風社)
amazon

『人はなぜ戦争をするのか―エロスとタナトス』フロイト、中山元訳(光文社古典新訳文庫)

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする