本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『論語と算盤』渋沢栄一(角川ソフィア文庫)

『論語と算盤』渋沢栄一(角川ソフィア文庫)

未読

2008年
320頁




目次

処世と信条
立志と学問
常識と習慣
仁義と富貴
理想と迷信
人格と修養
算盤と権利
実業と士道
教育と情詛
成敗と運命

文章が難しい、読みにくいというレビューが散見されるが、そんなことはない。明治の人の文(語り)なので若干の読みづらさはあるが。

以下のリンクから試し読みができる。
難しければ、現代語訳した本(下記参照)もあるのでそちらがよいだろう。

『論語と算盤』試し読み(「KADOKAWA」のサイトが開かれます)

[関連]
『論語と算盤』渋沢栄一(1985・国書刊行会)単行本

『現代語訳 論語と算盤』渋沢栄一、守屋淳訳(2010・ちくま新書)(全文訳ではないようだ)

『論語と算盤 上 自己修養篇』渋沢栄一、奥野宣之訳(2016・致知出版社)(上下巻で全文訳)
amazon楽天ブックス

『論語と算盤 下 人生活学篇』渋沢栄一、奥野宣之訳(2016・致知出版社)
amazon楽天ブックス

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする