本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『日本は誰と戦ったのか』江崎道朗(ワニブックスPLUS新書)

『日本は誰と戦ったのか―コミンテルンの秘密工作を追及するアメリカ』江崎道朗(えざき・みちお)(ワニブックスPLUS新書)

未読

2019年
383頁




目次(単行本)

はじめに 日本は誰と戦ったのか
序章 日米開戦はスターリンの工作だった-アメリカ保守派の歴史見直しはここまで進んでいる
第1章 日米を開戦に追い込んだゾルゲ
第2章 「雪」作戦発動
第3章 オーウェン・ラティモアの暗躍
第4章 乗っ取られたホワイトハウス
第5章 ヤルタ会議を仕切ったアルジャー・ヒス
第6章 握り潰された「反ソ」報告書
第7章 ソ連の対日参戦まで日本を降伏させるな
第8章 ソ連の対米秘密工作は隠蔽されてきた
おわりに ソ連・コミンテルンという要因を踏まえた全体像を

本書は、『日本は誰と戦ったのか』江崎道朗(2017・ベストセラーズ)の新書化。

[関連]
『日本は誰と戦ったのか』江崎道朗(2017・ベストセラーズ)
amazonKindle楽天ブックス

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする