本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『道元「典座教訓」 禅の食事と心』(角川ソフィア文庫)

『道元「典座教訓」 禅の食事と心』道元、藤井宗哲訳(角川ソフィア文庫)

未読

2009年
174頁




目次

典座の心得
典座のつとめ
米を研ぐ即ち禅
効率のよい食膳
仕事の手順
典座の心得
敬って作る、敬って供す
僧食九拝
典座の先達に会う
禅師、食の真理に目覚める
典座は一山の住職の心持で
食に上物下物なし
人に上品下品なし
当時の日本の典座
禅道の本文
三心 喜んでいただく
三心 天地の思いやりを受ける
三心 天地いっぱいをいただく

[関連]
『典座教訓・赴粥飯法』道元、中村璋八・石川力山・中村信幸訳(1991・講談社学術文庫)
amazon楽天ブックス

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする