本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『科学者と世界平和』アインシュタイン(講談社学術文庫)

『科学者と世界平和』アルバート・アインシュタイン、井上健訳(講談社学術文庫)

未読

2010年
640頁




目次

科学者と世界平和
1 国連総会への公開状
2 アインシュタイン博士の考えの誤り
3 ソビエトの科学者たちへの返事

物理学と実在
1 科学の方法についての一般的考察
2 力学とすべての物理学を力学によって基礎づけるいくつかの試み
3 場の概念
4 相対性の理論
5 量子論と物理学の基礎
6 相対性理論と粒子

[関連]
『科学者と世界平和』アインシュタイン(2002・中公文庫BIBLIO20世紀)

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする