本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

収録作品一覧『日本の名随筆』18夏(作品社)

『日本の名随筆』(全100巻、別巻全100巻)(作品社)
B6判・函入り

明治以降の各界著名人による随筆を巻ごとにテーマを設けて編集した随筆集のシリーズ。

『日本の名随筆 18 夏―歳時記』山本健吉編

1984年4月
260頁

青柳瑞穂  ハエ撃ち
秋竜山   金魚
阿部昭   海水浴
網野菊   夜店
石川淳   すだれ越し
石川啄木  氷屋の旗
石田波郷  美しき五月
泉鏡花   森の紫陽花
井伏鱒二  夏の狐
井伏鱒二  虹のいろいろ
内田百閒  土用の琴
生方たつゑ 粽の精霊
円地文子  夏祭
金子光晴  梅雨
河上徹太郎 猟人の夏
上林曉   誘蛾燈
木下順二  蜘蛛についての興味について
木山捷平  木の匂い
草野心平  夏 [巻頭詩] 串田孫一  土用波
窪田空穂  五月雨頃の情緒
小林勇   蛇
齋藤茂吉  蚤
サトウハチロー  せみの話
椎名麟三  日射病のにわとり
芝木好子  夏祭り
島崎藤村  短夜の頃
杉本秀太郎 夏涼の法
千登三子  祇園会
鷹野つぎ  虫干し
高橋新吉  白根山霧
高橋義孝  両国の川開き
瀧井孝作  鮎の宿
竹西寛子  夏扇
立原道造  夏秋表
田畑修一郎 栄螺
田山花袋  新茶のかおり
團伊玖磨  螢
坪田譲治  川の鮒・池の鮒
外山滋比古 縁日
豊島與志雄 真夏の幻影
永井荷風  夕立
野上彌生子 五月の庭
広津和郎  河鹿
福永武彦  秋近く
船越保武  渓流にて
堀多恵子  又、夏が来ます……
増田れい子 絵日傘・藍印花布
松方三郎  夏の羽織
丸山健二  雷鳴の真ん中
三木卓   晩夏のアゲハ
三島由紀夫 こひのぼり
水上勉   あやめのこと
室生朝子  川遊び
室生犀星  とかげ
森崎和江  田植えの頃
森田たま  衣がえ
山口瞳   甲子園大会-やってみたいこと
山之口貌  月見草
山本健吉  矢部川の鮎狩
結城信一  西瓜幻想
吉田健一  怪談の聞き方
吉田健一  五月の鰹
吉野秀雄  滝しぶき

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする