本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

収録作品一覧『日本の名随筆』16性(作品社)

『日本の名随筆』(全100巻、別巻全100巻)(作品社)
B6判・函入り

明治以降の各界著名人による随筆を巻ごとにテーマを設けて編集した随筆集のシリーズ。

『日本の名随筆 16 性』阿吉行淳之介編

1983年11月
256頁

石川淳   戀愛について
岩城宏之  どうして男に「初○」がないのか
大庭みな子 幸福な夫婦
開高健   ワイセツの終焉
坂口安吾  欲望について
佐藤愛子  我が性教育論
佐藤春夫  俗謡「雪をんな」 [巻頭詩] 澁澤龍彦  ワイセツ妄想について
白石かずこ 詩における性のイメージ
高橋たか子 性-女における魔性と母性
高橋睦郎  オナニズムについて
高橋睦郎  プラトニズムについて
武田泰淳  私の中の地獄(抄)
多田道太郎 性の変容-恋愛
谷川俊太郎 愛をめぐるメモ
津島佑子  地球人の性
中川志郎  動物たちの恋文
野坂昭如  ぼくとオオクボ・キヨシとの間
福永武彦  快樂
福永武彦  燃焼
丸谷才一  縛る
安岡章太郎 フリー・セックス時代はくるか?
吉行淳之介 四畳半襖の下張「裁判」法廷私記
渡辺淳一  ヴァギナ感覚とクリトリス感覚
渡辺淳一  女の弱さ
渡辺淳一  女の独立

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする