本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『人間と実存』九鬼周造(岩波文庫)

『人間と実存』九鬼周造(岩波文庫)

未読

2016年
416頁



目次(収録作品)

1 人間学とは何か
2 実存哲学
3 人生観
4 哲学私見
5 偶然の諸相
6 驚きの情と偶然性
7 形而上学的時間
8 ハイデッガーの哲学
9 日本的性格

九鬼周造(1888‐1941)は、時間論、偶然性の問題、「いき」をめぐる考察、日本詩の押韻の問題など、多岐にわたる思索を展開し、独創的な哲学を樹立した。本書は、九鬼の思索を凝縮した、九鬼哲学への最良の概論、入門書である。人間の本質、実存、偶然性、形而上学的時間、ハイデッガーの哲学、日本文化の特質などを論じる。(注解・解説=藤田正勝)

本書表紙より

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする