本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

収録作品一覧『日本の名随筆』13心(作品社)

『日本の名随筆』(全100巻、別巻全100巻)(作品社)
B6判・函入り

明治以降の各界著名人による随筆を巻ごとにテーマを設けて編集した随筆集のシリーズ。

『日本の名随筆 13 心』遠藤周作編

1984年2月
256頁

阿川弘之  しくしくししきしけれ(抄)
秋山さと子 無意識と怪獣
秋山駿   心には牙を持て
石原吉郎  「ノオトから」(抄)
井上靖   ゆるさざる心
梅原猛   親鸞について
遠藤周作  人間のなかのX
岡本かの子 慈悲
小此木啓吾 不安の意味
金子光晴  報償を求めない心
唐木順三  事の心
河合隼雄  コンプレックスとの対決
呉茂一   こころ
河野多恵子 心づかい
五味太郎  気について
高橋たか子 潜在世界への逆行
高橋たか子 大変な秘密
高見順   ものを作る者の心
竹西寛子  喜怒哀楽
竹西寛子  情の蒐集としての「伊勢物語」
谷川俊太郎 おそろしい
陳舜臣   動揺する心
土居健郎  日本人の自然観の心理的背景
那珂太郎  悲哀について
中村汀女  同情心について
萩原朔太郎 こころ [巻頭詩] 橋本峰雄  仏教徒日本人の美意識
平田精耕  禅と心身一如
福永武彦  始める前に
古山高麗雄 非人情
正宗白鳥  心の故郷
山折哲雄  心
吉田満   死と信仰
与田準一  心の遠きところ

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする