本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

収録作品一覧『日本の名随筆』10山(作品社)

『日本の名随筆』(全100巻、別巻全100巻)(作品社)

B6判・函入り
明治以降の各界著名人による随筆を巻ごとにテーマを設けて編集した随筆集のシリーズ。

『日本の名随筆 10 山』北杜夫編

1983年6月
256頁

今井通子  私の雪山アタック作戦
今西錦司  初登山に寄す
上田哲農  ある登攀
尾崎喜八  一日の王
折口信夫  山の湯雑記
加藤文太郎 単独行について
北杜夫   高山の蝶
串田孫一  孤独な洗礼
桑原武夫  山遊び
小島烏水  槍ヶ岳第三回登山
佐伯富男  あるガイドの手記(抄)
佐多稲子  尾瀬の水芭蕉
田中澄江  初秋の山と花たち
田淵行男  霧の山稜
田部重治  笛吹川を溯る
辻まこと  キノコをさがしに行ってクマにおこられた話
辻村伊助  登山の朝
中西悟堂  入笠山の探鳥
中村清太郎 山岳浄土
新田次郎  富士山に賭けた時代
早川鮎子  穂高岳屏風岩にて
深田久彌  地図を見ながら
古井由吉  山に行く心
本多勝一  雪の塩見岳
槇有恒   山村の人と四季 夏
松浦佐美太郎   穂高・徳沢・梓川
松方三郎  山ときどき(抄)
松濤明   山想う心
三浦雄一郎 死の大滑降・二分二十秒(抄)
三田幸夫  こわれた魔法壜
芳野満彦  山靴の音 [巻頭詩]

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする