本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

収録作品一覧『日本の名随筆』7色(作品社)

『日本の名随筆』(全100巻、別巻全100巻)(作品社)
B6判・函入り

明治以降の各界著名人による随筆を巻ごとにテーマを設けて編集した随筆集のシリーズ。

『日本の名随筆 7 色』大岡信編

1983年5月
264頁

駒井哲郎  白と黒の造形 [巻頭詩] 富岡多惠子 色は匂えど
志村ふくみ 一色一生
篠田桃紅  玄という色
加藤楸邨  白い色
土門拳   白黒の世界
嶋岡晨   花火師 高杉一美
円地文子  花の色と衣服
泉鏡花   白い下地
瀬戸内晴美 尼僧のおしゃれ
串田孫一  色鉛筆
中里恒子  古代ガラス、今ガラス、ガラスの瓶
開高健   阿鼻叫喚の闇が無邪気を生む
田辺聖子  舞台の色彩
飯島哲夫  予想し得ぬ新世界への不思議な再生(抄)
井上ひさし 色
安野光雅  朱鷺色
吉行淳之介 石膏色と赤
内藤濯   色彩聴覚
山内義雄  紫
水上勉   日本のべに
花田清輝  金いろの雲
澤田ふじ子 利休色
池田彌三郎 海の色
岡本太郎  黒い太陽
高村光太郎 緑色の太陽
和達清夫  青い太陽
東山魁夷  青の世界
寺田透   弔辞
正岡子規  病牀六尺(抄)
大岡昇平  ゴッホの緑
粟津則雄  二重の闇
粟津潔   白い紙
夏目漱石  思い出す事など(抄)
三岸節子  秋の七草 萩
長崎盛輝  色と心
長崎盛輝  色への関心
長崎盛輝  神秘治療
樋口清之  日本人の好む色(抄)
福田邦夫  日本人の色の選び方
大岡信   詩歌にみる日本の色

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Secured By miniOrange