本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『支那三十年』長野朗

『支那三十年』長野朗(呉PASS復刻選書23)

A5版

未読
2017年
284頁

底本は『支那三十年』長野朗(1942年2月・大和書店)だろう。

戦前の支那に、長期に亘り滞在した、政治活動家長野朗の生々しい支那大陸のルポルタージュ。とにかくおもしろい。

辛亥革命後の混乱期から、支那事変までを、愉快な筆致で描く。癖のある軍閥の領袖たち。相も変らぬ一般支那人のしたたかな生き様。

現代中国の分析にも生かされる、不変的な大陸国民の国民性を、深く広く記録した貴重な書。

西尾幹二氏、宮崎正弘氏も絶賛。GHQ焚書図書。

[アマゾン商品説明より]

[参考]
GHQ焚書図書開封 第79回[YouTube]
GHQ焚書図書開封 第80回[YouTube]

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする