本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『自ら歴史を貶める日本人』西尾幹二ほか(徳間ポケット)

『自ら歴史を貶める日本人』西尾幹二、福地惇、柏原竜一、福井雄三(徳間ポケット)

新書

未読
2012年12月20日初版発行
334頁

雑誌「月刊WiLL」で連載された討論をまとめた書。

加藤陽子・半藤一利・北岡伸一らを批判している。(らしい)

『それでも日本人は戦争を選んだ』や最近の『戦後史の正体』のベストセラー化に続いて、尖閣・竹島の領有権問題が起こることで、近現代史見直しの機運が急速な高まりをみせている。
これまでのいわゆる自虐史観は「歴史教科書をつくる会」の運動などで是正が進んできたが、なお謬論が多く人口に膾炙しているのが現状である。

本書では西尾氏を中心として歴史研究の専門家たちが、いまだに世にはびこるトンデモ史観を徹底批判する。

[アマゾン商品説明より]

[参考]

『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』加藤陽子(新潮文庫)
amazon

『昭和史 1926-1945』半藤一利(平凡社ライブラリー)
amazon

GHQ焚書図書開封 第118回:加藤陽子 半藤一利 北岡伸一 徹底批判1[YouTube]


『「日中歴史共同研究」報告書 第1巻』古代・中近世史篇(勉誠出版)
amazon

GHQ焚書図書開封 第119回:加藤陽子 半藤一利 北岡伸一 徹底批判2[YouTube]

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Secured By miniOrange