本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『茨木のり子詩集』(岩波文庫)

『茨木のり子詩集』茨木のり子(いばらぎ・のりこ)、谷川俊太郎編(岩波文庫)

未読

2014年
352頁




目次(収録作品)

『対話』
『見えない配達夫』
『鎮魂歌』
『茨木のり子詩集』
『人名詩集』
『自分の感受性くらい』
『寸志』
『茨木のり子』(花神ブックス1)
『食卓に珈琲の匂い流れ』
『倚りかからず』
『茨木のり子 言の葉3』
『歳月』
『茨木のり子全詩集』所収「「スクラップブック」から」より

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする